大腸カメラ検査

大腸カメラ検査について

大腸カメラ検査とは、ファイバースコープを肛門から挿入し、肛門部、大腸、盲腸などを直接観察する検査です。この検査により、大腸がん、大腸ポリープなどを発見することが可能で、原則として大腸ポリープは検査時に切除します。
近年、食生活の変化などから、大腸がんは増加傾向にあります。大腸がんは「最も完治させやすいがん」と言われており、早期発見・早期治療をはかれば90%程度は完治させることができるとされています。しかし、初期には症状が現れにくいため、早期発見のためには大腸カメラ検査などを受ける必要があります。大腸がんは40歳以降から増加するとされていますので、年齢が40歳を超えた方や、ご家族・ご親族に大腸がんになった人がいる方などは特にご注意頂き、大腸カメラ検査を受けられて早期発見・早期治療に努めるようにしてください。

苦痛の少ない大腸カメラ検査

大腸カメラはファイバースコープを肛門から挿入するため、検査には苦痛がともなうのではと不安になられる方も多いかと思いますが、当院では静脈麻酔を施した上で検査を行いますので、苦痛が少ない状態で大腸カメラ検査を受けて頂くことができます。静脈麻酔では、苦痛などが感じられない程度にまで意識レベルを落としますが、検査中は、生体モニターで患者様のお体の状態をリアルタイムで監視します。

院内で大腸の洗浄を行う場合は個室(テレビ付)を完備しております。

新世代内視鏡システム「LASEREO(レザリオ)」を導入

当院では光源にレーザーを用いた世界初の新世代内視鏡システム、「LASEREO(レザリオ)」を導入しています。光源が明るいので粘膜の状態がより詳細に観察できるほか、鮮明なHD画像が得られるので、微小な病変も見逃さずに発見することが可能です。また、「LASEREO」独自の機能である「BLI(Blue Laser Imaging)」「LCI(Linked Color Imaging)」と呼ばれる画像強調観察を活用することで、早期がんの特徴である微妙な粘膜表面構造や微細血管などの変化を早期発見することができるようになります。

大腸カメラ検査はこんな方におすすめです

  • 腹痛や膨満感がある方
  • 赤黒い便が出る方
  • 下痢・便秘を繰り返す方
  • 残便感がある方
  • 以前よりも便が細くなった方
  • 年齢が40歳を超えた方
  • 大腸ポリープがある方
  • 便潜血検査で陽性と診断された方
  • ご家族・ご親族に大腸がんになった人がいる方
  • お酒をよく飲まれる方

など

大腸カメラ検査で発見できる病気

  • 大腸がん
  • 大腸ポリープ
  • 潰瘍性大腸炎
  • クローン病(炎症性腸疾患)
  • 虚血性腸炎
  • 感染性腸炎
  • 大腸憩室症

など

大腸カメラ検査の流れ

事前診察

検査日前日までに、一度診察を受けて頂きます。人間ドック(胃カメラ検査・大腸カメラ検査コース)を受けられる方は、事前診察は不要です。

検査3日前

検査3日前程度から、きのこ、こんにゃく、海藻、根菜類などの消化に時間のかかるものや、腸内の残りやすいものは食べないようにしてください。

検査前日

検査前日は21時までに夕食を済ませ、就寝前に下剤を服用してください。飲水は自由ですが、アルコールの摂取はお控えください。体調を整えるためにも、早めの就寝を心がけるようにしてください。

検査前の準備(3時間程度)

朝食を抜いた状態で、ご予約頂いた日時にご来院ください(飲水は自由です)。ご自宅または院内で、腸をきれいにする薬を1~1.5リットル服用して頂きます。薬の服用後、静脈麻酔を施します。

検査(10~15分程度)

肛門からファイバースコープを挿入し、検査を行います。

検査後の安静(1時間程度)

検査終了後、静脈麻酔がさめるまで1時間程度安静にして頂きます。

検査結果の説明(15分程度)

静脈麻酔からさめた後、検査結果を詳しくご説明します。なお、大腸ポリープ切除を受けられた方は、10日程度、アルコールや香辛料などの刺激物の摂取、激しいスポーツ、飛行機を使った旅行・出張は禁止となります。

※検査当日の所要時間は腸洗浄開始から検査結果のご説明まで、計5時間程度です。
※稀に、静脈麻酔の影響により、検査後に受けた説明を忘れてしまう(逆行性健忘)場合があります。その場合は再度検査結果をご説明します。
※胃カメラ検査と大腸カメラ検査は同時に受けて頂くことができます。

大腸ポリープの切除について

大腸カメラ検査で大腸ポリープが発見された場合には、その場で内視鏡を用いて大腸ポリープ切除を行うことが可能です。切除方法には、大腸ポリープに金属ワイヤをかけ、高周波の電気を流して焼き切る「ポリペクトミー」や、電気を流さずにそのまま切除する「コールドスネアポリペクトミー」などがありますが、当院では基本的にコールドスネアポリペクトミーを行い、5ミリを超える大腸ポリープに対してのみポリペクトミーを行います。コールドスネアポリペクトミーはポリペクトミーと比べて安全な施術で、切除後の出血が少ないなど良好な治療結果を得ることが可能です。

大腸ポリープのリスク

大腸ポリープとは、腸の粘膜にできる病変です。なかでも腺腫性ポリープと呼ばれるものは、基本的には良性ですが、放っておくと10~15年程度かけてがん化する可能性があります。こうしたリスクのある大腸ポリープを早期に発見し切除することで、確実に大腸がんを予防することができるようになります。稀に大きめの大腸ポリープの中に早期がんが発見されることもありますが、それも内視鏡により切除することが可能です。

早期がんが発見された場合には

大腸カメラ検査により粘膜下層までの早期がんが発見された場合には、国内有数の内視鏡治療施設である神戸の佐野病院をご紹介させて頂きます。佐野病院の院長である佐野寧博士は、内視鏡的粘膜下層はく離術(ESD)の第一人者の1人ですので、国立がん研究センターと同レベルの最先端のESD治療を受けることができます。
なお、患者様のご希望に応じて佐野病院以外をご紹介することも可能ですので、お気軽にお申し出ください。

よくあるご質問

Q大腸カメラ検査はどんな人におすすめですか?
A

腹痛や膨満感があるなどのほか、赤黒い便が出る、下痢・便秘を繰り返す、残便感などの症状がある方は、一度大腸カメラ検査を受けられることをおすすめします。また、これらの症状がなくても年齢が40歳を超えた方や、ご家族・ご親族に大腸がんになった方がいる場合も、検査を受けられることをおすすめします。

Q便潜血検査で陽性と診断されたのですが、大腸カメラ検査を受けるべきでしょうか?
A

潜血の原因が何であるかを確認するためにも、大腸カメラ検査だけではなく、胃カメラ検査も同時に受けられることをおすすめします。

Q大腸カメラ検査の費用はどのくらいですか?
A

便潜血検査などで異常が見つかった場合には、保険適用で大腸カメラ検査を受けて頂くことができます。その際の自己負担額は3割負担の方で、7,000円程度です。

Q大腸カメラ検査は苦しくありませんか?
A

当院では静脈麻酔を施した上で大腸カメラ検査を行っていますので、ほとんど苦痛を感じることなく検査を受けて頂くことができます。

Q静脈麻酔は安全ですか?
A

静脈麻酔では、苦痛などが感じられない程度にまで意識レベルを落としますが、医師と意思疎通をはかることは可能ですので、何か異変を感じた時にはすぐに医師に訴えることができます。また、検査中は生体モニターで患者様のお体の状態をリアルタイムで監視しますのでご安心ください。

Q大腸ポリープのリスクについて教えてください
A

大腸ポリープのうち、特に腺腫性ポリープと呼ばれるものは、基本的には良性ですが、放っておくと10~15年程度かけてがん化する可能性があります。こうしたリスクのある大腸ポリープを早期に発見し切除することで、確実に大腸がんを予防することができるようになります。

Q早期がんが発見された場合には他院を紹介してもらえますか?
A

大腸カメラ検査により粘膜下層までの早期がんが発見された場合には、国内有数の内視鏡治療施設である神戸の佐野病院をご紹介させて頂きます。佐野病院の院長である佐野寧博士は、内視鏡的粘膜下層はく離術(ESD)の第一人者の1人ですので、国立がん研究センターと同レベルの最先端のESD治療を受けることができます。
なお、患者様のご希望に応じて佐野病院以外をご紹介することも可能ですので、お気軽にお申し出ください。

  • お電話でのお問い合わせ・ご予約はこちらから Tel:06-6926-3223
    footer_tel_sp.png
  • マーソ ご予約はこちらからマーソ ご予約はこちらから
  • 人間ドックのここカラダ ご予約はこちらから人間ドックのここカラダ ご予約はこちらから