胃カメラ検査

胃カメラ検査について

胃カメラ検査とは、先端に高性能のカメラを取り付けたファイバースコープ(内視鏡)を口または鼻から挿入し、食道、胃、十二指腸などを直接観察する検査です。病変が見つかった時には、組織を採取して病理検査を行い診断することができます。また、胃カメラ検査とあわせてピロリ菌検査・除菌を行うことも可能です。
胃カメラ検査には口からファイバースコープを挿入する「経口内視鏡検査」と、鼻から挿入する「経鼻内視鏡検査」の2種類がありますが、当院では基本的に静脈麻酔(鎮静剤)による苦痛の少ない経口内視鏡検査を行っています。経鼻内視鏡検査の方が苦痛が少ないと言われることもありますが、鼻からファイバースコープを挿入する場合、鼻の穴に痛みが生じたり、鼻血が出たり、ファイバースコープが細いために観察範囲に制限が生じたりすることがあり、さらにファイバースコープに弾力性がないため、病理検査のための組織の採取が上手くいかなかったりすることがあります。一方、口から挿入する場合は広範囲をしっかりと観察することができるため、病変の見逃しも少なく、組織の採取も適切に行うことができます。口からファイバースコープを挿入するのは負担が大きいと思われるかもしれませんが、静脈麻酔を施しますので、ほとんど眠っているのと同じ状態で検査を受けて頂くことができます。
なお、どうしても静脈麻酔に抵抗がある方や、鼻からの検査をご希望される方には経鼻内視鏡検査を行うことも可能ですので、お気軽にご相談ください。

苦痛の少ない胃カメラ検査

胃カメラ検査と聞くと、ファイバースコープを喉の奥に入れる時の嘔吐反射や苦痛などを心配される方もいるかと思いますが、当院ではこうした負担を軽減するために、静脈麻酔を施した上で胃カメラ検査を行っています。静脈麻酔によりほとんど眠っているのと同じ状態で検査が受けられますので、嘔吐反射や苦痛などを心配する必要はありません。また、苦痛などが感じられない程度にまで意識レベルを落としますが、医師と意思疎通をはかることは可能ですので、何か異変を感じた時にはすぐに医師に訴えることができます。検査中は生体モニターで患者様のお体の状態をリアルタイムで監視します。

新世代内視鏡システム「LASEREO(レザリオ)」を導入

当院では光源にレーザーを用いた世界初の新世代内視鏡システム、「LASEREO(レザリオ)」を導入しています。光源が明るいので粘膜の状態がより詳細に観察できるほか、鮮明なHD画像が得られるので、微小な病変も見逃さずに発見することが可能です。また、「LASEREO」独自の機能である「BLI(Blue Laser Imaging)」「LCI(Linked Color Imaging)」と呼ばれる画像強調観察を活用することで、早期がんの特徴である微妙な粘膜表面構造や微細血管などの変化を早期発見することができるようになります。

胃カメラ検査はこんな方におすすめです

  • 胸焼け、腹痛、吐き気が続く方
  • 頻繁にゲップが出る方
  • みぞおちのあたりに痛みがある方
  • 黒い便が出る方
  • 体重が減少してきた方
  • 動悸・息切れのある方
  • よく貧血を起こす方
  • 集団検診で再検査が必要と言われた方
  • 年齢が40歳を超えた方
  • ご家族・ご親族に胃がんになった方がいる

など

胃カメラ検査で発見できる病気

  • 咽頭がん
  • 喉頭がん

など

食道
  • 食道がん
  • 食道静脈瘤
  • 逆流性食道炎

など

  • 胃がん
  • 胃ポリープ
  • 胃粘膜下腫瘍
  • 胃炎
  • 胃潰瘍
  • ピロリ菌感染症
  • 逆流性食道炎

など

十二指腸
  • 十二指腸潰瘍
  • 十二指腸ポリープ
  • 乳頭部腫瘍

など

胃カメラ検査の流れ

検査前日

検査前日は21時までに夕食をお済ませください。飲水は自由ですが、アルコールの摂取はお控えください。高血圧、糖尿病などで治療中の方は、検査前に一度ご相談ください。体調を整えるためにも、早めの就寝を心がけるようにしてください。

検査当日

朝食を抜いた状態で、ご予約頂いた日時にご来院ください(少量の飲水は可能です)。静脈麻酔後の運転は危険ですので、自転車・バイク・自動車でのご来院はお控えください。

検査前の準備(15分程度)

検査前に消泡剤(胃の中の泡やタンパク質を除去する薬)を飲んで頂き、胃の中を観察しやすくします。その後、スプレーで喉に粘膜麻酔剤を吹きかけた後に、静脈麻酔を施します。

検査(10分程度)

口からファイバースコープを挿入し、検査を行います(ご希望であれば、経鼻内視鏡検査も可能です)。

検査後の安静(1時間程度)

検査終了後、静脈麻酔がさめるまで1時間程度安静にして頂きます。

検査結果の説明(15分程度)

静脈麻酔からさめた後、検査結果を詳しくご説明します。

※検査当日の所要時間は検査準備から検査結果のご説明まで、計2時間程度です。
※稀に、静脈麻酔の影響により、検査後に受けた説明を忘れてしまう(逆行性健忘)場合があります。その場合は再度検査結果をご説明します。
※当院では夜診(16~19時)の胃カメラ検査も行っています。その場合は昼食を抜いて、検査まで最低4時間は食事を摂らないようにしてください。
※胃カメラ検査と大腸カメラ検査は同時に受けて頂くことができます。



ピロリ菌検査・除菌について

現在、40歳以上の日本人の50%程度がピロリ菌に感染していると言われています。ピロリ菌は胃潰瘍、十二指腸潰瘍などの発生に深く関わっているとされているほか、ピロリ菌が胃の粘膜に感染することで慢性胃炎を引き起こし、そこから長い年月をかけて胃がんを発生させる場合があります。
ピロリ菌に感染し慢性胃炎を引き起こした方に除菌を行うと、胃がんの発生リスクを1/3程度にまで低減できるとされています。2013年2月より胃潰瘍、十二指腸潰瘍に加えて、ピロリ菌感染胃炎に対する除菌治療に保険が適用されており、2回の治療まで保険診療で受けて頂くことができます。ただし、胃カメラ検査を受けることが必要で、検査を受けない場合には自費診療となります。また、3回目以降の治療も自由診療となります。

ピロリ菌の検査方法

ピロリ菌の検査方法には、「迅速ウレアーゼ試験」「鏡検法」「培養法」「抗体測定」「尿素呼気試験」「糞便中抗原測定」の6種類があり、当院ではピロリ菌の診断で培養法、もしくは抗体測定を行い、除菌後の判定で尿素呼気試験を行います。

ピロリ菌検査・除菌はこんな方におすすめです

  • 長引く胃の不快感でお悩みの方
  • ご家族・ご親族に胃がんになった方がいる
  • 年齢が50歳を超えた方

ピロリ菌検査・除去の流れ

ピロリ菌の診断

培養法、もしくは抗体測定を行い、ピロリ菌の感染を診断します。診断の結果、陰性であれば治療は終了です。陽性の場合には、除菌を行います。なお、他院で胃薬などを処方されている方は、事前にお申し出ください。場合によっては検査を中止したり、日程を変更したりして頂く場合があります。

ピロリ菌の除菌(1回目)

薬を1日2回、1週間内服し、ピロリ菌を除菌します。

除菌後の判定(1回目)

ピロリ菌の除菌を行ってから4週間後に尿素呼気試験を行い、菌が除菌されたか判定します。判定の結果、陰性であれば治療は終了です。陽性の場合には、再度除菌を行います。

ピロリ菌の除菌(2回目)

1回目とは異なる薬を1日2回、1週間内服し、ピロリ菌を除菌します。

除菌後の判定(2回目)

ピロリ菌の除菌を行ってから4週間後に尿素呼気試験を行い、菌が除菌されたか判定します。判定の結果、陰性であれば治療は終了です。陽性の場合には、再度除菌を行います。ただし、3回目以降の治療は自由診療となります。

よくあるご質問

Q胃カメラ検査はどんな人におすすめですか?
A

胸焼け、腹痛、吐き気が続くなどの症状のほか、体重減少、貧血、黒い便が出るなどの症状がある方は、一度胃カメラ検査を受けられることをおすすめします。また、これらの症状がなくても年齢が40歳を超えた方や、ご家族・ご親族に胃がんになった方がいる場合も、検査を受けられることをおすすめします。

Q集団検診で再検査が必要と言われたのですが、胃カメラ検査を受けるべきでしょうか?
A

一度胃カメラ検査を受けられて、慢性胃炎や胃潰瘍、胃がんなどが発生していないか詳細に確認されることをおすすめします。

Q胃カメラ検査の費用はどのくらいですか?
A

胃痛、腹痛などの症状がある方は、保険適用で胃カメラ検査を受けて頂くことができます。その際の自己負担額は3割負担の方で、5,000円程度です。

Q胃カメラ検査は苦しくありませんか?
A

当院では静脈麻酔を施した上で胃カメラ検査を行っていますので、ほとんど苦痛を感じることなく検査を受けて頂くことができます。

Q口からではなく、鼻からの内視鏡検査を受けることはできますか?
A

当院では、基本的に静脈麻酔による苦痛の少ない経口内視鏡検査を行っています。ただし、どうしても静脈麻酔に抵抗がある方や、鼻からの検査をご希望される方には経鼻内視鏡検査を行うことも可能ですので、お気軽にご相談ください。

Q静脈麻酔は安全ですか?
A

静脈麻酔では、苦痛などが感じられない程度にまで意識レベルを落としますが、検査中は生体モニターで患者様のお体の状態をリアルタイムで監視しますのでご安心ください。

Q胃カメラ検査と同時にピロリ菌検査・除菌を受けることはできますか?
A

胃カメラ検査とピロリ菌検査・除菌は、同時に行うことができます。ピロリ菌の感染の有無はその日のうちにわかり、陽性の場合には除菌治療を受けて頂くことができます。

Qピロリ菌に感染していると胃がんになりやすいというのは本当ですが?
A

ピロリ菌に感染している方は、そうでない方と比べて、胃がんのリスクが10倍以上高いとされています。ご家族・ご親族に胃がんになった人がいる方は特に、ピロリ菌検査・除菌を受けられることをおすすめします。

  • お電話でのお問い合わせ・ご予約はこちらから Tel:06-6926-3223
    footer_tel_sp.png
  • マーソ ご予約はこちらからマーソ ご予約はこちらから
  • 人間ドックのここカラダ ご予約はこちらから人間ドックのここカラダ ご予約はこちらから