診療案内

総合内科

総合内科とは特定の臓器にとらわれずに、体全体を診て病気の治療や健康増進のサポートなどを行う診療科目です。風邪や頭痛、胃腸炎などの一般的な内科疾患のほか、糖尿病、高血圧、脂質異常症などの疾患についてもお気軽にご相談ください。

こんな症状がある時は総合内科を受診してください

  • 発熱や咳などの風邪の症状
  • 頭痛
  • 腹痛
  • めまい
  • 下痢・便秘
  • 胸痛
  • 動悸・息切れ
  • だるさ
  • 脈の乱れ
  • 血圧が高い
  • 足のむくみ

など

便秘外来

便秘(慢性便秘)でお悩みの方は多いはずです。

便秘は特に女性に多く、男性でも年齢とともに増加傾向にあります。

便秘は大きく二つに分類されます。

一つは大腸がんやクローン病、直腸瘤などによる器質性便秘。

二つ目は過敏性腸症候群や薬の副作用(薬剤性)、原因のわからないもの(特発性)などによる機能性便秘です。

当院では各患者様の便秘の原因を詳細な問診や診察により、また必要に応じて大腸内視鏡検査などを用いて明確にし、適切な治療を行ってまいります。

消化器内科

消化器内科とは、食道、胃、小腸、大腸、肝臓、すい臓、胆のうなどの領域の検査・治療を行う診療科目です。対象となる病気も良性腫瘍や悪性腫瘍(がん)、緊急性を要する胆管炎や消化管出血、慢性肝炎、肝硬変など様々です。内視鏡による胃カメラ検査・大腸カメラ検査、レントゲン検査、超音波検査(エコー検査)などにより、これらの病気の早期発見・早期治療に努めます。

こんな症状がある時は消化器内科を受診してください

  • 胃痛
  • 胃もたれ
  • 腹痛
  • 吐き気
  • 下痢・便秘
  • 血便が出る
  • 黒い便が出る
  • 便が細くなった
  • 食欲不振
  • 体重減少
  • 胸焼け

など

内視鏡検査(胃カメラ検査・大腸カメラ検査)

胃カメラ検査とは、先端に高性能のカメラを取り付けたファイバースコープ(内視鏡)を口または鼻から挿入し、食道、胃、十二指腸などを直接観察する検査です。病変が見つかった時には、組織を採取して病理検査を行い診断することができます。また、胃カメラ検査とあわせてピロリ菌検査・除菌を行うことも可能です。
大腸カメラ検査とは、ファイバースコープを肛門から挿入し、肛門部、大腸、盲腸などを直接観察する検査です。この検査により、大腸がん、大腸ポリープなどを発見することが可能で、大腸ポリープの大きさによっては検査時に切除することも可能です。
当院では、静脈麻酔(鎮静剤)による苦痛の少ない内視鏡検査を実施しています。また、胃カメラ検査と大腸カメラ検査を同時に受けて頂くこともできます。

こんな症状がある時には胃カメラ検査の受診をおすすめします

  • 胸焼け
  • 腹痛
  • 吐き気
  • 胃もたれ
  • みぞおちのあたりに痛みがある
  • 黒い便が出る
  • 体重減少
  • 貧血

など

こんな症状がある時には大腸カメラ検査の受診をおすすめします

  • 腹痛
  • 膨満感
  • 赤黒い便が出る
  • 下痢・便秘
  • 残便感
  • 以前よりも便が細くなった
  • 便潜血陽性と言われた

など

各種健診

当院では人間ドックのほか、法定健診(企業健診)、特定健診(大阪市特定健診、大阪府後期高齢者特定健診、協会けんぽの特定健診)、大阪市大腸がん検診などに対応しています。病気の早期発見・早期治療のためにも、定期的に健康診断を受けられることをおすすめします。

  • お電話でのお問い合わせ・ご予約はこちらから Tel:06-6926-3223
    footer_tel_sp.png
  • マーソ ご予約はこちらからマーソ ご予約はこちらから
  • 人間ドックのここカラダ ご予約はこちらから人間ドックのここカラダ ご予約はこちらから